はじめてのビーズ刺繍 基本の「き」


最近は刺繍の仕方など動画や画像でたくさん見ることができます。

私自身もいろいろな方の投稿を拝見させていただきながら


なるほどーと深くうなずいたり

えーここもう少し寄りで見たいのにーと心の中で叫んだり

ちょっと雑じゃね?とつっこんだり(スミマセン)


いろいろ思いつつ楽しんでいます。

そして見つけました!


参考になる方の共通点!


それは




それは



それは



圧倒的に手が美しい

ということです。






ここでの「美しい手」というのは綺麗にお手入れされた手ということではなく、

「手さばき・所作」を言います。


「美しい刺繍は美しい手さばきから」


ぜひ今後、SNSなどで見る際の参考にしてみてください。

また、ご自身の手元を動画で映してチェックするのもオススメです。


さて、長くなりましたが美しい手元を目指して注意すべきポイント3つです!


ポイント1 -手の役目をしっかり決める

 「右手で針を持っていたはずなのに、気づけば左手に持っていた」なんてことはもちろん

 「両手でビーズをひろっている」

 「生地をもっていた手を毎回離してしまう」

 などなどやってませんか?


 どちらの手で針を持ち、生地を張り、ビーズを拾うのかマイルールを決めましょう。


ポイント2 - 動きをルーティン化

 役割が決まったら、スムーズにビーズを拾って刺繍するには、どう手を動かすのかいいのか?自分なりに刺しやすい動きで大丈夫なので、いつも同じ動きで刺繍することに努めましょう。動きをルーティン化することで、刺繍の目もそろってきます。

 

ポイント3 - 糸がいつも張って状態を目指す

 刺繍の仕上がりを左右する糸の引き具合。いつも「一定の力でしっかり糸を引くことが大切」とお伝えしていますが、せっかく引いた糸が刺繍しているうちに緩んだりしていませんか?

糸がいつも張っている状態を目指すことで、仕上がりがワンランクアップします。




最後に


スポーツでも優れた選手はフォームが美しいように、刺繍もフォームが整うと目も整ってきます。だまされたと思って、ご自身のフォームを一度見直してみてください。美しいフォームを真似るのもうまくなる近道ですので、そんな視点でSNSを見るのもオススメです。


「初心者歓迎キット付!60分で完成ビーズ刺繍で立体的なお花の刺繍」では、細かい手の使い方などもお伝えしています。オンラインで受講いただけますので、お気軽にご参加ください。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示